【Unity インストール】『Unity』のインストール

Unity

『Unity Hub』を使って『Unity』をインストールします。

『Unity Hub』画面を開いて左側の『インストール』をクリック

『インストール』画面が開きますので、

画面右上にあります『インストール』ボタンをクリック

『Unity バージョンを加える』の『①Unity のバージョンを選ぶ』画面が出ます。

『推奨リリース』の『Unity 20〇〇~』と書かれているバージョンを選んでください。

もし新しいバージョンを使いたい場合は、

『正式版』の新しいバージョンを選択してください。

『Unity』のバージョンを選びましたら、『次へ』ボタンをクリック

『Unity バージョンを加える』の『②モジュールをインストールに加える』画面が出ます。

そのまま『次へ』ボタンをクリック

ちなみにチェックされている項目は、

  • Microsoft Visual Studio Community 20○○←※プログラムコードを記入するソフト
  • Android Build Support←※作ったものがAndroidで動かせるようになります
  • iOS Build Support←※作ったものがiOSで動かせるようになります
  • Mac Build Support(Mono)←※作ったものがMac OSで動かせるようになります
  • WebGL Build Support←※作ったものがWebで動かせるようになります
  • Windows Build Support(IL2CPP)←※作ったものがWindowsで動かせるようになります
  • Documentation←※Unityで作られたサンプル集です
  • 日本語←※Unityが日本語版になります

だいたいこんな感じのものです。

前の画面で『Microsoft Visual Studio Community 20○○』にチェックを入れていれば、

『エンドユーザーライセンス契約』の『Visual Studio 20〇〇 Community License Terms』画面が出ます。

『上記の利用規約を理解し、同意します』にチェックを入れ『実行』ボタンをクリック

『Visual Studio Installer』画面が開きインストールされます。

そのあとに『Unity』がインストールされます。

しばらく待ちますとインストールが完了されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました