【Python 関数】Pythonに準備されている機能

スポンサーリンク
Python

Pythonにはすでに準備されている機能である『関数かんすう』が用意されています。

『関数』とは、さまざまなことを1行で表すことができる書き方です。

画面に表示する場合も、さまざまな文章を書かないといけませんが、Pythonでは『print』関数が用意されているため、私たちはこの関数を使って簡単に表示することができます。

また、『関数』という形にすることによって、使い回すこともできます。

『関数』は『関数名()』または『関数名(引数, …)』と書いて使います。

『引数』とは『関数』に渡すデータを入れる変数のことで、『関数』によってはデータを渡さないと実行されないものもあります。

データを渡さなくても実行される『関数』もあったり、『引数』も1つの場合もあれば2つ以上のものもあります。

さらに、『関数』には結果をデータで返すものもあります。

その場合は『変数名 = 関数名()』または『変数名 = 関数名(引数,…)』のように書いて、データを変数に代入することもできます。

Python 標準ライブラリ
Python 言語リファレンス ではプログラミング言語 Python の厳密な構文とセマンティクスについて説明されていますが、このライブラリリファレンスマニュアルでは Python とともに配付されている標準ライブラリについて説明します。また Python 配布物に収められていることの多いオプションのコンポーネントにつ...
コード
”””
『関数』は『関数名()』または『関数名(引数,…)』と書いて使います。
Pythonにはさまざまな『関数』が用意されています。
”””
# 『print関数』は文字を表示する『関数』です。
# 文字データを『引数』に渡して、渡した文字を表示さて改行します。
print(“文字を表示”)

# 『print関数』は何も渡さなくても実行されます。
# その場合は改行のみされます。
print()
実行結果

‘文字を表示’

コメント

タイトルとURLをコピーしました